サンドボックスで収益化!初心者の始め方を簡単に説明(TheSandbox)

サンドボックス 暮らし

今話題のメタバースや仮想通貨。

成長市場だし、稼げそうだなと感じていてもいざ始めるのは腰が重い・・という方も多いのではないでしょうか。

今回は初心者にもおすすめなメタバースゲーム「The Sandbox」(サンドボックス)で収益化する方法をお伝えします。

サンドボックスは初心者でも簡単に始めることができるので、メタバースと仮想通貨の入り口としてもってこいです!

それでは収益化の方法について詳しく見ていきましょう。

The Sandbox(サンドボックス)で収益化する方法!

The Sandbox(サンドボックス)とは、メタバースゲームの中でも人気なゲームの一つです。

他に有名どころで言うと、Decentraland(ディセントラランド)も人気ですね。

これらは、いわゆるマインクラフト系のゲームです。

自分のオリジナルキャラクターを作ってNFTアイテムにして遊ぶことができます。

NFTとは・・Non Fungible Token(ノン ファンジャブル トークン)の略称で、ブロックチェーン上で発行された送信権が入った代替不可能なデータのことを指す。

初心者がThe sandbox(サンドボックス)で収益化する方法は主に3点あります。

1.土地(LAND)の貸出による不動産収入

ディセントラランドと同様、サンドボックスでもメタバース上で土地を保有することができます。

また、この土地は有限です。

いずれはメタバース上で土地を持ち合わせていないクリエイターに対し、土地を貸すビジネスが一般的になると想定されます。

現実世界と同じ、不動産収入が得られるというわけです。

2.作成したNFTアイテムの販売

サンドボックスのNFTアイテム

サンドボックス上で作成したNFTアイテムを販売することができます。

アバターやゲーム、ゲームのキャラクターなど。

NFTは専用のエディタで作成ができます。

>>エディタページをダウンロード

3.独自コンテンツ(有料ゲーム等)のプレイ料金

サンドボックス用ゲーム制作ソフトである「Game Maker」(無料)を使用することで、オリジナルのゲームを制作することもできます。

>>Gamemakerをダウンロード

制作したゲームを自身の土地に置き他ユーザーが集まれば、プレイ料金を徴収して収益化するという仕組みを構築できます。

The Sandbox(サンドボックス)初心者の始め方は?

それでは実際にサンドボックスを始める方法を見ていきましょう。

  1. Coincheckで口座を開設し、仮想通貨SANDとETHを購入する
  2. Metamask(ウォレット)へ送金する
  3. サンドボックスでアカウント登録し、Metamaskを接続する

1.Coincheckで口座を開設し、SANDを購入

2022年5月現在、国内の仮想通貨取引所でSANDが購入できるのはコインチェックだけなので、まだ口座開設をしていない方は口座開設をしましょう。

  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設
  • 口座開設してから72時間以内に入金完了

※口座開設方法はこちらで詳しく解説しています!

2.Metamask(ウォレット)へ送金する

Metamaskは仮想通貨のお財布(ウォレット)で、仮想通貨の取引において必要なものです。

サンドボックスの公式がMetamaskを推奨しているので、Metamask未保有の方はダウンロードしましょう。

>>Metamaskダウンロード方法

3.サンドボックスでアカウント登録し、Metamaskを接続する

最後にサンドボックスのアカウント作成ページにてMetamaskを選択し、Metamaskを接続すれば完了です。

>>The Sandbox

The Sandbox(サンドボックス)で収益化するはじめの一歩!土地を買ってみよう

収益化の第一歩として、まずはサンドボックス上での土地を手に入れてみましょう。

サンドボックスの土地の価格はいくら?

サンドボックスの土地価格

サンドボックスの土地(LAND)は、「SAND(サンド)」または「ETH(イーサリアム)」という仮想通貨で購入します。

また、購入時にガス代(=取引手数料)も発生するのですが、その支払にはイーサリアム(ETH)が必要なため、どのみちイーサリアムも用意しておきます。(ガス代としては数万円あればOK)

価格変動が頻繁なため、都度チェックするようにしましょう。

小さな区画では、14万円くらいから購入できそうです。

サンドボックスの土地はどこで買える?

サンドボックスの土地を買う方法は大きく2種類。

サンドボックスのセールで購入する

セール開始時期はサンドボックスの公式Twitterで知ることができるので、まめにチェックしておきましょう。

OpenseaやCoincheckNFTなどのNFTマーケットプレイスで購入する

NFTマーケットプレイスでもサンドボックスの土地を販売しています。

また、サンドボックスのNFTマーケットプレイスには常時Openseaで販売されている土地のリンクが置いてあります。

>>Opensea

>>Coincheck NFT(β版)

サンドボックスで収益化!初心者が稼ぐための始め方(The Sandbox)まとめ

奥の深いサンドボックスですが、今回は初心者向けにシンプルな「稼ぎ方3点」と「始め方3ステップ」をご紹介しました。

成長が止まらないメタバースと仮想通貨への、はじめの一歩となれば幸いです!

腰が重くなかなかトライできていなかった方も、まずは本記事を参考にはじめてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました